ホーム » 当会発行物

shiryo

理学・作業療法士会誌 Vol.3 2010

akaptot_gakkaishi_2010

■第10回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会教育講演「AKA-博田法の基礎」・・・農端芳之
■第10回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会特別講演「関節運動学的アプローチ(AKA)-博田法と関節神経学的治療(ANT)のすべて」・・・博田節夫
■第10回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会一般演題
 1.「e-learningシステムを用いたAKA-博田法技術学習の紹介」・・・小川弘孝
 2.「技術習得に関する一考察 PartⅢ ~視覚と言語を利用して~」・・・加藤潤
 3「SF36による診断基準の予測は可能か」・・・池谷和弘
 4.「軟骨無形成症下腿延長術施行例に対する治療経験」・・・白子淑江
 5.「AKA-博田法が痛風(尿酸塩結晶誘発)性関節炎・拘縮にもたらした効果~一症例を通しての考察~」・・・杉尾秀一
■日本AKA医学会理学・作業療法士会会則資格認定制度
■日本AKA医学会理学・作業療法士会資格認定基準
■日本AKA医学会理学・作業療法士会資格更新実施要領
■研修企画委員会からのお知らせ(研修会案内)

料金:2,000円
在庫:10冊

理学・作業療法士会誌 Vol.2 2009

akaptot_gakkaishi_2009_1

■第9回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会教育講演「AKA-博田法の基礎」・・・農端芳之
■第9回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会特別講演「AKA-博田法とANTによる治療」・・・博田節夫
■第9回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会シンポジウム
 1.「AKA-博田法を活用していますか?」・・・永堀造男
 2.「専門外来の立場から」・・・池谷和弘
 3.「作業療法と関節運動学的アプローチ-博田法」・・・前田智秀
 4.「小児疾患における関節機能異常(AKA博田法の臨床応用)」・・・横田浩子
 5.「一般病院の立場から」・・・坂本周介
■第9回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会一般演題
 1.「技術習得に関する一考察-言葉による姿勢の修正について-」・・・加藤潤
 2.「AKA-博田法により短期間に肩関節自動可動域が改善した1症例」・・・牛尾靖晃
 3.「陳旧性左片麻痺患者の動作が改善した1症例の考察」・・・松本真一郎
 4.「仙腸関節のAKA-博田法が片麻痺患者の末梢血液循環に及ぼす影響について」・・・長坂英治
 5.「仙腸関節炎特殊型の経時的変化について-SF36を用いて-」・・・池谷和弘
 6.「関節運動学的アプローチ医学会理学・作業療法士会における会員・研修会の動向に関して」・・・田村実
■日本AKA医学会理学・作業療法士会会則資格認定制度
■日本AKA医学会理学・作業療法士会資格認定基準
■日本AKA医学会理学・作業療法士会資格更新実施要領
■研修企画委員会からのお知らせ(研修会案内)

料金:2,000円
在庫:10冊

理学・作業療法士会誌 Vol.1 2008

akaptot_gakkaishi_2008_1

■第8回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会教育講演「AKA-博田法の基礎」・・・農端芳之
■第8回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会特別講演「AKA-博田法と運動療法の修正」・・・博田節夫
■第8回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会学会長講演「臨床技術としてのAKA-博田法」・・・坂本周介
■第8回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会ショートセミナー「AKAの海外発信」・・・吉田純
■第8回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会一般演題
 1.「仙腸関節の加齢による形態の変化」・・・米村一幸
 2.「大腿骨頭壊死症に対するTHA前後の脊椎・骨盤アライメントとAKA効果」・・・長嶺覚子
 3.「仙腸関節上部離開、下部離開の床反力測定に関する報告」・・・小松勝幸
 4.「当院AKA専門外来の現状とSF-36を用いての治療経過について」・・・池谷和弘
 5.「技術習得方法の一考案~技術研修会を受講するにあたってのポイント~」・・・加藤潤
■日本AKA医学会理学・作業療法士会会則

料金:2,000円
在庫:10冊

お申込み

下記口座に希望する資料に対応した合計金額を入金してください。※送料サービス

※当会及びAKA医学会会員以外の方への販売はいたしておりません
入金先:ゆうちょ銀行 店番:558 預金種目:普通 支店名:五五八店
口座番号:0394180(記号番号:15510-3941801)
口座名:AKAPT会 事務局(エイケイエイピーティーカイ ジムキョク)

入金後、下記メールフォームに必要事項を記入し事務局へ送信して下さい。

メールフォームからの冊子のお申込みは、1回につき1種類となります。
一度に複数種類の冊子をお申込みいただく場合は、以下の方法に従ってください。
  1. 1.冊子の種類分複数回お申込み送信を行ってください。
  2. 2.冊子の種類と合計金額を送信毎に備考欄へご記入ください。
  3. 3.ご入金は、複数の冊子合計額を一度に行ってください。
入金日(必須)  例)2009年0月0日
会員番号(必須)

※当会会員番号、もしくはAKA医学会の会員番号をご入力ください。

会員氏名(必須)
送付先郵便番号(必須)  例)755-0151
送付先住所(必須)
電話番号(必須)  例)0836-54-4405
希望の資料(必須)
冊数(必須)  部
備考

複数種類のお申込みの場合下記の様にご記入ください。


  • 例)
  • 触診 1冊
  • 学術集会誌 1冊
  • 合計 2,500円


このページの先頭へ