学術集会
第21回学術集会(山梨)2020

第21回学術集会(山梨)2020

テーマ:「次世代への継承」
開催日時:2020年10月18日(日)10:00~16:30(9:00~受付開始)
会  場:ベルクラシック甲府

新型コロナウィルス感染の状況によっては、中止・延期になる可能性もございます。

 

 

会長あいさつ

第21回学術集会 会長     北杜市立甲陽病院 川野 正巳

の度、山梨県で初めての開催となる第21回学術集会を、10月18日(日)にベルクラシック甲府で開催する運びとなり、現在、鋭意準備を進めております。

わが国で誕生した関節運動学的アプローチ(AKA)-博田法は、1979年の開発から約40年、1990年の成書出版(2007年に第2班出版)から30年が経過し、国内において既に広く認知されております。現在も日々改良が加えられ、関節機能障害を評価、治療する手技として、高い治療効果をあげ我々セラピストにとり、必要不可欠な手技であることは周知の事実であります。

しかしながら、博田節夫先生の技術と、我々の技術の間には大きな差が生じていることも事実であります。

そこで今回のテーマは、「次世代への継承」としました。この素晴らしいAKA-博田法を、我々が正確に受け継いでいくためには、何が足りなくて、何が必要なのか。また、何を行えばよいのかなどを皆様と再考する場とし、今回の学術集会が正しく技術を継承していくためのきっかけになればという思いで決定しました。

学会内容は、教育講演では「認定試験の結果より見えてきたこと」をご講演頂き、特別講演Ⅰ「AKA-博田法における密着」では、AKA-博田法における最重要な基本操作の一つである「密着」を中心に講演していただきます。特別講演Ⅱの実技指導では、実際に技術の修正を行っていただく予定です。指定演題では、当会の指導者の先生方2名に「AKA-博田法~正確に継承するための臨床での留意点~」、「AKA-博田法~認定試験を受験して~」というテーマで、講演して頂く予定です。

今学会が、皆様にとり、AKA-博田法の正確な技術習得のためにお役に立てればと考えております。

プログラム

特別講演
「AKA-博田法における密着」
日本関節運動学的アプローチ医学会 会頭
日本関節運動学的アプローチ医学会理学・作業療法士会 顧問
博田 節夫 先生

AKA-博田法の開発者であり、physiatristである博田節夫先生が、特別講演Ⅰでは「AKA-博田法における密着」をご講演テーマとして、我々に何が足りなくて何が必要なのか、どこをどのように修正していけば良いのか、AKA-博田法における最重要な基本操作の一つである「密着」を中心に最近のトピックスを交えてご講演して頂き、特別講演Ⅱでは、デモンストレーションや実技指導を通じ、「密着」や「腰の入れ方」を詳しくご教示して頂きます。

 

教育講演
「認定試験から見えてきたこと」
日本関節運動学的アプローチ医学会理学・作業療法士会 指導者
井端 康人 先生

当会発足当初より、認定委員会委員長としてご尽力いただいております、井端康人先生には、これまで実施されてきました認定試験の結果を踏まえ、「認定試験から見えてきたこと」をテーマにご講演頂きます。過去の認定試験の結果から、どこの関節にどの様なエラーが多いのか、また、それらをどう修正していけば良いのか等をご講演していただきます。

 

指定演題Ⅰ
「AKA-博田法~正確に継承するための臨床での留意点~」
日本関節運動学的アプローチ医学会理学・作業療法士会 指導者
永堀 造男 先生

日々の臨床の中で、AKA-博田法を正確に行うためにどの様な部分に注意し、どの様な工夫をされているのか、より具体的なところをご教示して頂きます。

 

指定演題Ⅱ
「AKA-博田法~認定試験を受験して~」
日本関節運動学的アプローチ医学会理学・作業療法士会 指導者
甲斐田 麻由子 先生

それぞれの認定試験を受験するにあたり、どの様なところに留意しながら技術習得をされたのか、また、日々の臨床の中での留意点などをご教示して頂きます。

 

一般演題

会員の皆様に、日頃の研究成果を発表していただきます。

懇親会のご案内

学術集会に合わせて会員懇親会を下記の通り開催いたします。
日 時:2020年10月17日(土)18:00~20:00
場 所:ホテル談露館(JR甲府駅南口 徒歩約8分 / タクシー約3分)
https://www.danrokan.co.jp/
対 象:当会会員
参加費:7,000円
申し込み:事前参加申込のみ受け付け。
学術集会事前参加申し込みの際に合わせてお申し込み下さい。

お申込み方法

参加申込は,事前参加申込と当日参加申込の両方を設定しております。
(学生は当日参加申込のみとなります)。

1.事前参加申込期間  2020年4月1日~6月30日

2.事前参加申し込み手順
1)参加費の入金 ➡ 2)ホームページ入力(下部にあります)

1)参加費の入金

(1)下記の口座に所定の金額を振り込んで下さい。
(2)必ず個人名で振り込んでください。
(3)同一施設で複数名参加される場合でも、振り込みは各人でお願いします。
(4)学術集会前日に会員懇親会を実施いたします。
学術集会事前参加申込をされる際に合わせてお申し込み下さい(参加費7,000円)。
詳細は本ページ下部をご覧ください。
(5)本学会の内容を収録したDVDを製作いたします。
ご希望の方は学術集会事前参加申し込みをされる際に,合わせてお申し込み下さい。
なおDVD販売は学術集会参加者限定とします。

参加費

参加費

事前参加申込

当日参加

会 員 学術集会のみ

7,000円

8,000円

学術集会(DVDあり)

10,000円

11,000円

学術集会+懇親会

14,000円

学術集会(DVDあり)+懇親会

17,000円

非会員 学術集会のみ

9,000円

10,000円

学術集会(DVDあり)

12,000円

13,000円

学 生

1,000円

事前申込を頂いた方には抄録集を発送いたします。

振込先

①ゆうちょ銀行から振込みの場合
記号:10870 番号:17899251
名前:ニホンエーケーエーイガクカイピーティー・オーティ―カイヤマナシ

②他金融機関から振込みの場合
店名:0八八(ゼロハチハチ) 店番:088 種目:普通 口座番号:1789925

※当日参加申し込みは、現金のみの取り扱いとなります。
※学生は当日のみ参加受付を行っております。
※学生であっても理学・作業療法士免許取得者は、学生料金は適応されません。
※受付の際に学生証を提示して頂くことがございます。

 

2)ホームページ入力

この画面の最下部「研修会申し込み」ボタンをクリックして参加申し込み願います。
◆申し込み入力時の注意点(こちらの内容を必ず入力して下さい)
(1)会員番号(AKA理学・作業療法士会): 非会員は「111111」と入力します。
(2)緊急連絡先として、携帯電話または自宅の電話番号及び携帯アドレスの記入をお願いします。
(3)懇親会の参加の有無を記入お願いします。
(4)DVDの購入希望の方は備考1に「DVDあり」と入力をお願いします。

<注意事項>
※事務局にて入金及び事前参加申し込みの確認をもって参加確定とし、こちらから参加確定の通知等は行いません。
入金及び事前参加申し込みに不備のある方のみこちらからご連絡致します。

学術集会申込み

♦会場案内

ベルクラシック甲府(JR甲府駅北口から徒歩3分) 3Fグレース
住所 〒400-0031 山梨県甲府市丸の内1-1-17
TEL 055-254-1000
URL https://www.bellclassic-kofu.com/

 

♦甲府駅への各主要駅・空港からのアクセス

◎東京駅から
鉄道 東京駅⇒<特急かいじ(15・16・19・21・22時台各1本ずつ)>⇒甲府駅(約1時間50分)
東京駅⇒<中央線快速>⇒新宿駅⇒<特急あずさ・かいじ>⇒甲府駅(約2時間)

◎新横浜駅から
鉄道 新横浜⇒<JR横浜線>⇒八王子⇒<特急あずさ・かいじ>⇒甲府駅(約1時間50分)

 

◎静岡駅から
鉄道 JR静岡駅⇒<特急ワイドビューふじかわ>⇒JR甲府駅(所要時間約2時間20分)
高速バス 静岡駅⇒<高速バス(山梨交通、しずてつジャストライン等)>⇒甲府駅(約2時間10分)

 

◎名古屋駅から
鉄道 名古屋駅⇒<ワイドビューしなの>⇒塩尻駅⇒<特急あずさ>⇒甲府駅(約3時間15分)

◎羽田空港から
鉄道 羽田空港⇒<京浜急行線>⇒品川駅⇒<JR山手線>⇒新宿駅⇒<特急あずさ・かいじ>⇒甲府駅(約2時間30分)
高速バス 羽田空港⇒<山梨交通・京浜急行バス等>⇒甲府駅(約3時間10分)

♦演題募集

E-mailのみで下記の通り募集いたします。会員の皆様には、日頃の研究成果を存分に発表できる機会として、
多くのご応募を頂きますよう心よりお待ちしております。

Ⅰ.応募資格
演者が日本関節運動学的アプローチ医学会理学・作業療法士会 会員に限ります。

Ⅱ.応募方法

E-mailで演題応募してください。
件名を「AKA演題応募」とし、①演題名②演者氏名③勤務施設名④連絡先・電話番号・メールアドレスを記し、⑤抄録(下記の「Ⅳ.抄録作成について」を参照してください)を、演題送付先までご連絡ください。
※応募多数の場合は、査読にて演題の採否を決定いたします。
演題募集期間 2020年4月1日~6月30日

Ⅲ.演題送付先
第21回学術集会 学術部  加藤 潤
E-mail : aka.shinmidori@gmail.com

Ⅳ.抄録作成について
・下記の内容に従い作成してください。
1) 演題名
2)筆頭演者名とその所属名(ふりがな)、共同演者名とその所属名
3)キーワード:単語で3つまで の順に記載してください。

【体裁について】
・本文は、
1)はじめに
2)対象および方法
3)結果
4)考察
5)まとめ
以上の順に記載し図も含めてA4一枚に収まるように作成してください。(1200字以内)
図・表は1つにつき、200字分とし、本文とは別に図・表1つにつき、A4一枚に収め添付してください。

【ご注意】
・抄録原稿ソフトは、Microsoft Office Wordで作成し保存してください。Windows標準フォント
(MS 明朝、MSP 明朝、MS ゴシック、MSP ゴシック)のみをご使用下さい。
それ以外のフォントを使用されますと、正しく表示が出来ない場合がございます。
・本文中に研究対象にとって不利となるような属性(人名、施設名等)を記載しないように注意してください。

Ⅴ.その他
問い合わせのメールは、件名に「AKA演題について」と明記してください。

♦総会について(日本AKA医学会理学・作業療法士会 会員対象)

同会場にて総会を行います。会員の方はご参加の程よろしくお願い致します。