当会発行物

理学・作業療法士会誌 Vol.2 2009

理学・作業療法士会誌 Vol.2 2009

理学・作業療法士会誌 Vol.2 2009
  • 料金:2,000円
  • 在庫:10冊

■第9回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会教育講演「AKA-博田法の基礎」・・・農端芳之
■第9回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会特別講演「AKA-博田法とANTによる治療」・・・博田節夫
■第9回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会シンポジウム
1.「AKA-博田法を活用していますか?」・・・永堀造男
2.「専門外来の立場から」・・・池谷和弘
3.「作業療法と関節運動学的アプローチ-博田法」・・・前田智秀
4.「小児疾患における関節機能異常(AKA博田法の臨床応用)」・・・横田浩子
5.「一般病院の立場から」・・・坂本周介
■第9回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会一般演題
1.「技術習得に関する一考察-言葉による姿勢の修正について-」・・・加藤潤
2.「AKA-博田法により短期間に肩関節自動可動域が改善した1症例」・・・牛尾靖晃
3.「陳旧性左片麻痺患者の動作が改善した1症例の考察」・・・松本真一郎
4.「仙腸関節のAKA-博田法が片麻痺患者の末梢血液循環に及ぼす影響について」・・・長坂英治
5.「仙腸関節炎特殊型の経時的変化について-SF36を用いて-」・・・池谷和弘
6.「関節運動学的アプローチ医学会理学・作業療法士会における会員・研修会の動向に関して」・・・田村実
■日本AKA医学会理学・作業療法士会会則資格認定制度
■日本AKA医学会理学・作業療法士会資格認定基準
■日本AKA医学会理学・作業療法士会資格更新実施要領
■研修企画委員会からのお知らせ(研修会案内)

理学・作業療法士会誌 Vol.1 2008

理学・作業療法士会誌 Vol.1 2008
  • 料金:2,000円
  • 在庫:10冊

■第8回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会教育講演「AKA-博田法の基礎」・・・農端芳之
■第8回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会特別講演「AKA-博田法と運動療法の修正」・・・博田節夫
■第8回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会学会長講演「臨床技術としてのAKA-博田法」・・・坂本周介
■第8回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会ショートセミナー「AKAの海外発信」・・・吉田純
■第8回日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会一般演題
1.「仙腸関節の加齢による形態の変化」・・・米村一幸
2.「大腿骨頭壊死症に対するTHA前後の脊椎・骨盤アライメントとAKA効果」・・・長嶺覚子
3.「仙腸関節上部離開、下部離開の床反力測定に関する報告」・・・小松勝幸
4.「当院AKA専門外来の現状とSF-36を用いての治療経過について」・・・池谷和弘
5.「技術習得方法の一考案~技術研修会を受講するにあたってのポイント~」・・・加藤潤
■日本AKA医学会理学・作業療法士会会則

学術集会誌 2006(販売終了)

学術集会誌 2006(販売終了)
  • 料金:2,000円
  • 在庫:0冊

■特別講演|「関節の発見から運動療法へ」・・・博田節夫
■特別講演||「骨の機能 -過去・現在・未来-」・・・田口俊彦
■基調講演|「AKA関節神経学レビュー」・・・佐々木健
■基調講演||「関節運動学的アプローチの基本」・・・農端芳之

学術集会誌 2005(販売終了)

学術集会誌 2005(販売終了)
  • 料金:2,000円
  • 在庫:0冊

■巻頭言「慰み」から「治療」へ・・・吉田純
■教育講演「関節運動学的アプローチ(AKA)-博田法の基礎」・・・農端芳之
■特別講演「関節運動学的アプローチ(AKA)-博田法と診断」・・・博田節夫
■FIMM学会参加報告・・・吉田純
■一般演題
1.「関節運動学的アプローチ(AKA)-博田法の技術習得過程に対する一考察」・・・前田智秀
2.「外傷性クモ膜下出血患者に対するAKA-博田法とANTの効果~症例報告~」・・・寺地美幸
3.「従来の治療法では難渋したがAKA-博田法で症状が改善した症例~腰椎椎間板ヘルニア術後の治療経験~」・・・山名健裕
4.「従来の治療法では難渋したがAKA-博田法で症状が改善した症例~膝蓋骨骨折保存療法後の治療経験~」・・・菅野央倫
5.「ストレス疾患が合併する患者へのAKA-博田法の効果~有痛性疾患を中心に~」・・・川久保満善
6.「AKA-博田法の座位への影響~リーチ距離の変化を用いた試み~」・・・佐々木雄一

学術集会誌特別号 2004(販売終了)

学術集会誌特別号 2004(販売終了)
  • 料金:2,000円
  • 在庫:0冊

■会長よりメッセージ・・・農端芳之
■教育講演「関節運動学的アプローチ(AKA)-博田法の基礎」・・・農端芳之
■特別講演「関節運動学的アプローチ博田法と関節神経学的治療法(ANT)の臨床」・・・博田節夫
■会長講演「AKA-博田法と私~AKA-博田法と出会ったPTとして」・・・橋田薫
■一般演題
1.「RSDを合併した橈骨遠位端骨折に対するPT治療経験」川野恵美
2.「長期にわたり理学療法を必要とした後十字靭帯損傷の一症例」・・・宮本高明
3.「介護老人保健施設での理学療法~関節運動学的アプローチを用いた症例報告~」・・・田中悦子
4.「インターネットを通したAKAの広報のまとめとこれからの展望」・・・竹内克行
■指定演題
1.「RAのANTの効果」・・・井端康人
2.「各疾患に対するAKAとANTの症例報告」・・・竹下眞一
3.「脳障害患者の神経-筋再教育~上肢への具体的アプローチを中心に~」・・・前田智秀
4.「脳卒中患者に対するANTの臨床応用~上肢機能を中心に~」・・・後藤剛
■特別寄稿
第4回学術集会 特別講演
「関節運動学的アプローチ(AKA)-博田法-関連技術~関節圧迫の理論と臨床応用~」・・・博田節夫
第2回学術集会 講演
「脳卒中に対するAKAの臨床応用~AKAを用いた脳卒中の治療~」・・・農端芳之

学術集会誌創刊号 2000(販売終了)

学術集会誌創刊号 2000(販売終了)
  • 料金:2,000円
  • 在庫:0冊

■会誌創刊に寄せて・・・農端芳之
■記念講演「日本関節運動学的アプローチ研究会理学療法士会に期待すること」・・・佐々木健
■特別講演「物理医学とAKA」・・・博田節夫
■会長講演「理学療法と関節運動学的アプローチ」・・・農端芳之
■シンポジウム
1.「関節運動学的アプローチ(AKA)の臨床応用」中林健一
2.「痛みの評価と治療」・・・千代和寿
3.「AKAの臨床応用 骨関節疾患」・・・坂本周介
4.「AKAの臨床応用 神経筋疾患」・・・古賀康則
5.「AKAの臨床応用 中枢神経疾患」・・・井端康人
■一般演題
1.仙腸関節の運動解析について・・・萩原康仁 他
2.ゴルフ選手の腰痛治療における関節運動学的アプローチの効果と役割・・・畠中拓哉 他
3.小児疾患におけるAKAの適応・・・横田浩子 他

触診(販売終了)

触診(販売終了)
  • 料金:500円
  • 在庫:0冊

触診(冊子500円)
AKA実施時に重要となる触診の方法を、多数の写真を使いまとめたもの

  • 1
  • 2